Just another WordPress site

基礎知識

会社設立のタイミングに関する基礎知識

会社設立というのは、自分で新しい会社を作って事業を始めるということを意味する言葉です。しかしながら実際には様々な形の会社設立の流れが存在しています。完全に新規で新しい事業を興そうと考えて会社設立を行うケースもありますが、実際には既に何らかの形でビジネスを行っている人や会社がタイミングを見計らって会社設立を行おうとするケースも多いのです。それは普通にビジネスを行うよりも、新しく会社を興した方が様々なメリットがあるということを意味している場合もあります。

会社の設立には様々な優遇措置があるため、会社を興した方が絶対に得であるという状態になることがあります。その様なケースにおいてはタイミングがとても大切であると言えるのです。
何らかのビジネスを行おうとするとき、必ずしも会社設立を行わなくてはならないというルールはありません。実際に個人事業主として会社としての組織を作らずに事業を行っているケースは少なくありません。

但しそれらは事業規模がそれほど大きくないという条件付きになっているケースがほとんどとなっています。事業規模が大きくなってくると様々な厄介事が増えてきますので、その様な問題を回避するためにも会社設立という手段が有効に機能するのです。そのため、ある程度事業が大きくなってきて会社設立を行った方がより多くのメリットを得られると感じたタイミングが会社を作るのに最適な瞬間であると言えるでしょう。

その様なタイミングにはいくつかの種類がありますが、例えば売り上げが1000万円を超える場合に有効です。1000万円を超える売り上げの事業となると消費税の納税義務が発生します。しかしながら会社設立を行ってからしばらくの期間はこの消費税の納税義務が免除されます。そのため一時的にではありますが負担軽減に役立ちます。

その他にも会社を作ることで事業に対して個人で無限責任を負う個人事業主から、会社への出資額に応じた有限責任に変わるというのが会社設立のメリットであると言えるでしょう。他にも自分自身への報酬を経費として計上することが出来る等、税制面で非常に数多くのメリットを得ることも出来ます。

そのためある程度の事業規模になるとメリットが多くなってくると言えるでしょう。会社設立にはある程度の経費がかかるのは避けられませんが、長期的に見て他では変えられない大きなメリットを得ることが出来るのが会社を作るということであると言えます。