Just another WordPress site

書類提出関連

会社設立に関する書類提出関連の注意点

会社設立は、様々な書類の提出をあちこちに行わなければならず、しかもそれぞれ期限が存在するものがあるため、注意が必要です。会社設立ではまず何を目的に事業を行うのか、何のために会社設立をするのかをよく考えなければいけません。それを踏まえて最初に様々な書類の元となる定款の作成を行う必要がありますが、その定款では何の事業を行うのか明確にしなければならないことがいろいろとあるため、特に役所の許認可が必要な事業に関しては、事前に許認可権限を有する役所に対して確認をしておくことが求められます。

このように最初の会社設立前の段階で、すでに注意点が存在することをしっかりと認識しないまま前に話を進めてしまうと、後で色々と後悔をしてしまうことになりかねません。後悔をしなくても済むように、なるべく準備を十全にした上で話を進めていくことが非常に重要となってきます。

会社設立では、定款を作成した後にその認証を受けます。認証を受けた後に、通常は司法書士に依頼して法人登記を行います。この法人登記がなされた日がその法人設立日となるのです。この法人設立日を基準として、様々な手続きを一気に進めなければならないということが非常に重要です。

まずは厚生年金及び社会保険への加入です。会社設立日を基準として、それからの提出における期限が非常に短いことが特徴で、事前に準備をしておかなければまず間に合いません。書類の提出を間に合わせようと考えると、法人登記を行っている間に準備を進めておくことが求められるものです。場合によっては、社会保険労務士に依頼するなどして、厚生年金や社会保険への加入手続きの代行を依頼するのも一つの手段でしょう。

また、法人登記が完了したタイミングで会社設立となりますが、このときに助成金を受け取る場合には、早めに申請を行うことが必要です。会社設立により事業を行う場合には、その事業に関して従業員を雇用することで受け取ることができる助成金も存在します。

ただ単に雇用することで受け取れる場合もあれば、事業によって受け取れるものがあるなど制度が複雑であり、事前に情報がなければこれも受給の機会を逃してしまいます。したがって、事前に準備を行っておくことが必須となるわけです。この助成金ではそれぞれ根拠となる制度が異なります。したがって、提出する期限も受け取れる金額も違ってきます。こうした注意点もしっかりと押さえておくことが求められます。