Just another WordPress site

節税のため

節税のために個人事業主から会社設立をすること

個人事業主としてそれまで活動してきていて、経費として落とせずに利益が相応に上がり、所得税などたくさん税金が取られたことがある経験者は多いのが実情です。もし、経費として落とせるものが増えれば、それだけ利益を圧縮して節税につなげることができるものも増えることでしょう。

経費以外にも、個人事業主としては毎年単年度会計をせざるを得なかったものが、会社設立により損失を繰り越せるようになりますから、翌年の利益が出た場合であっても、相殺して処理ができるために節税につながります。このように会社設立には相応にメリットがあるわけです。

会社設立には、書類作成や申請しなければならないこと、定款の作成及びその認証、法人登記の申請など、行わなければならない事柄が多く、会社設立には多大な労力を費用が掛けるのが常です。したがって、個人事業主の方が気楽でいいと考える人も多いわけです。しかしながら、個人事業主では経費として設定できなかったものがあるために、利益が相応に出てしまって大きな負担になることもよくあることです。

可能であれば、税金面での負担を少なくすることや、事業主を含めて従業員の福利厚生面での充実を図る意味でも、厚生年金や社会保険への加入可能な会社設立を行う方がいい場合も多くあります。会社設立で受けられるメリットは主に節税ではありますが、従業員の今後、将来を考えると法人化しておくことで、彼らのやる気の向上にもつながることが想定できるわけです。

経費節減では、個人事業主では設定できなかった減価償却費が計上できるようになる点と、事業主及び従業員の福利厚生費特に社会保険料の負担や厚生年金の負担を会社の費用で一部行いますから、その費用を計上できる点は魅力的なポイントとなるでしょう。福利厚生がしっかりすることで節税及び従業員のモチベーションアップのためになり、会社設立を考えることは有効な手段となってきます。

会社設立では、節税につながる経費設定が可能であり、また社会保険への加入や厚生年金への加入による従業員のモチベーションアップを図れることなど、様々なメリットが生じます。会社の負担もそれだけ多くなりますが、個人事業主として利益が相応に出ている場合には、ただ単に税金としての支出が多くなるだけですから、それよりはむしろ事業主を始めとして従業員のやる気アップに使った方が、組織としてより健全に発展を考えられると言えるものです。